<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019年春のお彼岸について | Main |

お客様に心に染みる懐かしい言葉とお気持ちをいただきました。

 

「お大師様のおさがりなのですが、どうぞお持ち帰りください。おかげがありますよう、事故などなく無事にお帰りになれますように」

 

しまなみ海道をつなぐ島々のひとつ、大島

 

墓石材として使われる大島石の産地なんですけど この大島に島四国といってかの有名な四国八十八ヶ所と同じように島内に八十八ヶ所のお大師様をお祀りしているお堂があるのはご存じですか?

ぼくが育ったところなんですけど、実家では以前は島四国をお参りするお遍路さんのお接待をしていたんですね

そのときによく耳にしていたお言葉です

 

お大師様にお供えした供物のおさがりをもらうときに、お遍路さんによくかけてもらっていた言葉なんです

 

「お供えしてたお菓子やけんお食べ、きっとお大師様のおかげがあるからね」

 

なんてお菓子などをもらっていた記憶がよみがえってきて、とてもうれしい気持ちになりました

最近ではあまり聞かなくなりましたね…

 

ご先祖様を敬い守っているからこそ自然と出てくるさりげないけど重みのある素敵な言葉

 

この仕事をしていてよかったと思う瞬間です

 

皆さまにもお大師様のおかげがありますように!

| 日記 | 13:43 | comments(0) | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT